フリーゲームの忘備録

自分がプレイしたフリーゲームの紹介しつつ日記がわりにする場所

フリーゲーム感想その23 「タナトスに沈む」

ゲーム紹介

 

f:id:sakuyosouku:20200804012337j:image

 

明島(みょうとう)集団失踪事件。
ある日を境に島民全員が行方不明になるという事件。

「あなた」はその事件の唯一の生存者です。
では、島で何があったのですか?(引用)

 

 

WOLF RPGエディター コンテスト様

WOLF RPGエディター コンテスト 応募作品

 

作者様のHP

INFO - re-trojanhorse ページ!

 

 

プレイ時間

 

約30分

 

対象年齢
 

 R15ほど

 

キーワード

 

アドベンチャー・ノベルゲーム・微グロ・ホラー

 

特徴

 

f:id:sakuyosouku:20200805020109p:image

中性的でかわいい子です

 

・ぴーたさんのほのぼの不穏な追憶系ノベルゲーム

・明島で起こった島民失踪事件を思い出す物語

・エンディング数は4つ

 

 

感想

 

f:id:sakuyosouku:20200805020136p:image

No One Escapes Death

 

・システム

島の各所を選択して移動し話を進めるシステム。

目標を達成すると次の日に話が進む。

色々と巡ってみると島民の事情や儀式について調べる事が出来る。

 

最初に名前入力と性別入力があるがこれはさほどストーリー内容に関わりが無いので自分の名前でも問題無し。

その次の写真の子が自分とどういう関係なのかでストーリーが分岐する仕組みになっている。

三通りのエンディングに到達する事で真相の断片が明らかになる。


・ストーリー

主人公は警察に保護され事情聴取を受けていた。

彼は島民が全員失踪した明島で唯一の生き残りだ。

子供が映った写真を見せられた貴方は明島で何が起こったのかを話し始めるのだった。

 


・気に入った点

島という閉鎖空間、謎の宗教、儀式と不穏な要素マシマシのノベルゲームです。

果たして島で何があったのかは明言されていませんが、ゲーム内容や資料から様々な考察が出来るようになっているのが特徴的です。

皆さんも是非プレイして自分なりの解釈をしてみて下さい。

 

ここからネタバレあり

 

 

 

 

 

↓ここから反転

 

 

 

・気に入った点

Euclid→Keterになっちゃったヤバい神様のお話

 

主人公の立場でエンディングが変わるのが面白かったです。

友達という無関係な立場だとお迎えの儀式を否定してタナトスを拒絶する理解し合えない終わり。

家族という血の繋がった関係だと最後までタナトスを認めさせて兄を取り戻す終わり。

そして尊い人という信者としての立場だと死の運命から逃れる為にタナトスを誘拐する終わり。

それぞれミッちゃんを見ているのかタナトスを見ているのかで分かれているのがよくわかります。

 

そして全てのエンディングを見ると隠された資料が閲覧可能になります。

3つの人格がそれぞれ全く別の発言をしているのを聞く羽目になった山元さんが1番の苦労人ですね。

報告書が正しいならどれかのエンディングが正規ルートになるんでしょうか?自分としては逢引ルートから偽アカギ見たいな命乞いに繋がる方が人間と神の相入れなさを感じれて好きですね。

 

実験報告書には死が身近に迫ってきている人間にはミッちゃんの姿が見える様になってるんですね。

夜の間でも無いのに見えたり見えなかったりするのは最早ミッちゃんが人間では無いからなんですかね?

 

後クリア後のスペシャルサンクスに主人公の名前が入ってるのが手が混んでて特に好きです。まさしく関係者ですからね。

 

,エンディング

 

バッドエンド:逃亡では真実を知らないまま逃げて生き残るエンド。

1週目は何が何だか分からぬままこれになったので頭が????????になりましたね。

エンディングを重ねる毎にタイトルがバグるのがホラーゲーム感あっていいです。

 

END1はミッちゃんもといタナトスを拒んだ結果神隠しにあうエンド。

人間の悪足掻きも楽しんじゃう神らしさが滲み出てていい終わり方です。

やっぱホラーゲームの細目な宗教やってる奴に安易な攻撃は100倍返しになりますね。

 

END2はタナトスに兄を返してもらって旅立つエンド。

話せば分かるし家族愛にも興味を持つ辺りかなり人らしい神様ですね。

しかし少女と書いておきながら去勢した兄とか滅茶苦茶興奮しますね!全てを捨てて逃避行も止む無しです!

主人公も消えちゃいましたがまあ兄弟なら何処だって上手くやってけるかも?ハッピーエンドですね。

 

END3はタナトスを誘拐して宗教を崩壊させるエンド。

死を司る神に何としてでも死のうとする人間は最高の道化に見えると思うのでそりゃあ惚れますね。飽きるまでは。

最後は待ち焦がれた神と逃亡。島に閉じ込めていた神を解放してしまっていますが幸せそうなのでOKです。

 

そして最後は死の運命により主人公は死に沈む。

何も解決しないし真実も明らかにならない救いなき終わりも偶にはいいですね。