フリーゲームの忘備録

自分がプレイしたフリーゲームの紹介しつつ日記がわりにする場所

フリーゲーム感想その16 「chase-tag」

ゲーム紹介

 

f:id:sakuyosouku:20200710063851j:image

 

「チェス盤の上で鬼ごっこ」というコンセプトにて制作したホラーゲームです。(引用)

 

ふりーむ様

Chase-Tag:無料ゲーム配信中! [ふりーむ!]

 

 

プレイ時間

 

約1時間〜1時間30分
 

対象年齢

 

全年齢

 

キーワード

 

探索・アドベンチャー・ホラー・パズル・チェス

 

特徴

 

f:id:sakuyosouku:20200710064046j:image

 

・ちゃすさんの盤上ホラーゲーム

・敵との戦いがパズルゲームになっているのが特徴

・アクションとパズルを両方楽しめる



感想

 

・システム

基本的には館の中を探索するゲームですが、敵が現れると壁ブロックとスイッチがマップに出現し、敵に触れられない様にスイッチを全て押す「チェイスフェイズ」が発生します。攻撃手段は無いので、壁を押し敵を妨害しながらスイッチまで辿り着く戦いになります。

 

f:id:sakuyosouku:20200710064934j:image

↑白い駒が主人公、黒い駒が敵、間にある黒いブロックが動かせる壁、赤がスイッチ

 

敵は主人公とほぼ同じ速さで最短距離を移動してくるので閉じ込めるのは難しいですし、突っかかるとすぐゲームオーバーにされてしまいます。慣れるまではしっかりセーブしながら進んだ方がいいかもしれません。

 

探索の方は屋敷にいる虫に聞けば答えを教えてくれるのでミッション通りに進めば大丈夫な難易度です。


・ストーリー

行方不明になった友達を助ける為に帰ってきた者はいない館に乗り込む主人公。しかしそこには主人公を捕まえようとする黒い敵、そしてそれを操る赤い殺人鬼がいたというストーリー。

 

生きてるか分からない知り合いを助ける為にヤバい奴らがいる建物に突入するのはもはやお馴染みですね。そう考えるとこの作品は王道的な内容だと感じます。

 


・気に入った点

とにかく難易度が高い。攻略方法が分かっても操作ミスでチェックメイトされるのはストレスですが、その分相手を詰ませた時の爽快感はピカイチです。

 

殺人鬼が徘徊している屋敷なので緊張感もあり、探索とホラーとパズルがよく混ぜられている作品です。

 

 

ここからネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓ここから反転

 

 

・システム

初見プレイでもAランクは取れますが、Sはかなり難しいレベルの難易度でした。特に階段や暗室が初見殺しのがキツいですね。セーブポイントまで戻るより即リトライが欲しかった所です。

 

探索は短いながら楽しめる難易度でした。特にハンマーを手に入れた後の壺割りが爽快ですね。つい全ての壺を割ってしまいます。

 

 

・ストーリー

何故クロンが主人公に協力したのか分からずじまいでした。シロンの部屋まで誘導して一緒に閉じ込める為だけだったんですかね。だとしたら悲しいですね。自分は殺人鬼の正体がシロンだと疑ってたので騙されてしまいました。


 最後は封印された魂を解き放ちクロンを撃退してエンド。結構屋敷から近い所に住んでましたね。拐われた友達を助ける作品は大体友達が死にますが、この作品はハッピーエンドなので自分は好きです。