フリーゲームの忘備録

自分がプレイしたフリーゲームの紹介しつつ日記がわりにする場所

フリーゲーム感想その21 「ドキッ! 女だらけの雪山殺人事件」

ゲーム紹介

 

f:id:sakuyosouku:20200804042159p:image

 

本作は雪山の民宿で発生した殺人事件を描いた、推理アドベンチャーゲームです。
部屋を調べたり登場人物の話を聞いたりして手がかりを集め、殺人事件の犯人を当てて下さい。(引用)

 

ふりーむ様

ドキッ! 女だらけの雪山殺人事件:無料ゲーム配信中! [ふりーむ!]

 

作者様HP

ゲーム作品

 

プレイ時間

 

約1時間
 

対象年齢

 

全年齢

 

キーワード

 

アドベンチャー・推理・自作イラスト有り

 

特徴

 

f:id:sakuyosouku:20200717001438j:image

 

・鳥籠さんの推理アドベンチャーゲーム

・民宿の関係者から犯人を見つけるゲーム

・作者さんからの条件を前提とした推理が必要

・エンド数は実質2つ


 

感想

 

f:id:sakuyosouku:20200802111757j:image

 

・システム

キャラ毎に聞ける選択肢が多めなので情報量が多めの推理ゲームになっています。

勿論キャラに関する情報も聞けるので色々聞いてみると楽しいですね。

キャラそれぞれの関係性も考えられているのが特徴で、最初は話してくれないキャラに条件を満たしてから話しかけてみると複雑な人間関係が見えてくる仕組みになっています。

 

キャラとは別に調べられる場所も多く主人公達がリアクションしてくれるので捜査とは関係無い場所もつい調べてしまいますね。

特にぬいぐるみを調べると急にメタ発言するのが面白いです。

 

最後に犯人の名前を入力する場面があるのですがかなりの名前に対応しているのが遊び心を感じます。

宿泊者は勿論、赤い文字で書いてある名前や小説の作者の名前にも反応を返すのが凝ってますね。

但し真犯人以外は全てバッドエンド扱いですが。

 

f:id:sakuyosouku:20200804042251j:image


・ストーリー

憧れの女の子と一緒に雪山に行ったら殺人事件に巻き込まれてしまう主人公。

推理小説のファンな親友に犯人探しを手伝わされる事になってしまう。

 

犯人と揉み合った人物の証言曰く女性が犯人なのはほぼ確定だが、宿泊者は殆どが女性。

隠し事をしている人を見つけ出し犯人を炙り出していく物語。

 

基本冷静な主人公と強引な親友との掛け合いが軽快な作品です。

 

 

f:id:sakuyosouku:20200802111724j:image

あらかわいい


・気に入った点

予め前提条件有りで犯人を推理する作品を見た事が無かったので斬新だなと感じました。

 

○ 犯人は登場人物の中にいること。
○ 事件は単独犯による犯行であり、犯人はただ一人であること。
○ 舞台となった建物に、隠し部屋や隠し通路その他のカラクリは存在しないこと。
○ 犯人を指名するシーンに至るまでのプレイの中で、犯人を推理し一意に特定するのに充分な手がかりを入手可能であること。(引用)

 

等の条件を元に犯人候補を絞っていくのは楽しいですね。

証言を全員分聞いていれば犯人候補は多分1人に絞れるので、初回でトゥルーエンドも可能ないい難易度のゲームだと思いました。

 

 

ここからネタバレあり

 

 

 

↓ここから反転

 

 

・ストーリー

タイトルと前提条件をよく見ると分かるようになっているいい叙述トリックでしたね。

作者さんの解説にもあった通りそこまで親密じゃない男女が同じ部屋に泊まるか?と考えていたので被害者の部屋にある香水のイベントで多分女性だなと気づけました。

前提条件にもノックスの十戒にある「探偵役が犯人であってはいけない」が無いので気づきやすいのも◯です。

 

真相は被害者が女性に手を出しまくっていたのが原因でしたが、これを見ると主人公が刺さなくても誰かに殺されてそうな感じもありますね。

婚約者の門美がそこに追求された時の顔芸が悪女感あってよかったです。

犯人じゃ無いキャラが秘密を暴かれて豹変するのが自分好みです。

 

最後は真相を火浦に暴かれ自首するエンドですが、自分の事を思ってくれる親友が待ってくれるなら隠し続けるよりもいい終わりなのかなと感じました。

まあその後の宴会を見る限り舞台劇である可能性が高いですが。

 

 

・気に入った点

称号集めがある推理ゲームって斬新ですね。自分は半分くらいしか見つからなかったので周回前提なんですかね?

コンプリートした人がいたら是非教えて欲しいです。

 

後遙の自己紹介で実在の漫画作品を捩ったタイトルがずらりと並ぶのがよく考えられるなと感心しました。

4分の1位しか分からなかったのでまだまだ修行が足りませんね。